自己対話力をつけるには

こんにちは。sayakaです。華やかに彩られた人生を送るには、自己対話は基本のキです。

今日は自己対話のやり方について書きたいと思います。

自己対話とは?

まずは自己対話とは何なのかですが、その名の通り自分と話すことです。

今は様々な自己対話の方法が発信されていますが、私はノートを使うことをオススメします。

なぜなら、文字で書いて可視化した方が、自分の気持ちに気づきやすいですし、思ってもみなかった言葉がぴょこっとで出てきたりします。

まさに頭で考えているだけでは、でなかった自分の奥底に眠らされていた思い込みが出てきたりします.

自己対話とは、自分と対話して自分の本当の願いに気づくことです。

では、どのようにしていくのか

具体的な方法です。自分の好きなノートとペンを用意します。

私はできるだけどんな小さな事でも書くようにしています。ここはあまりやり方を気にせずにつらつらと書きます。ノートを書く習慣がない人は、やり方から入ると正解を出そうとしすぎてペンが進まなくなりやすいので、始めはとにかくノートを開いて書く習慣を日常に取り入れます。

自己対話は、ネガティブな感情が出たときに、するのがやりやすいです。

ネガティブな感情とは、嫌だなと思ったり、イラっとしたり、悲しくなったり、それってどうなのと思ったり、怒りがわいた時などです。

そのままをノートにぶつける

嫌な感情が湧いたら、まずは何も躊躇せずにそのままの気持ちをノートにぶつけます。とにかく乱雑で構わないので、ガーーーーっと思いのたけをノートに書きまくります。

ポイントは躊躇しないこと。

汚い言葉は使わない方がいいとか、こんなこと思ってはいけないなどと考える必要はありません。誰にみせるでもない自分だけのノートです。とにかく気が済むまで書きなぐります。

俯瞰してみる

気が済むまで書いたら、俯瞰してみてみます。

感覚としては、ノートに書いてる自分をさらに自分が上から見ている感じです。その遠目で見ている自分が、事象に飲まれてイライラしている自分に聴くんです。

「なんでそう思うの?」

「何が問題?」

「何も心配なかったら本当はどうしたい?」

自分は勝手に幸せであると決める

誰しも幸せになりたいと思っていると思います。そしたら、何があっても誰になんと言われても自分は幸せだと決めるです。

自己対話で、本当はどうしたい?と自分に聴いていく中で、自分は勝手に幸せで在ると決めていれば、自然と本当の望みがでてきます。

本当はこんな風に思っていたんだとわかります。自分を無視して、時間に流されたり、人に翻弄され続けていれば、その自分の本当の願いに気づくことができません。

自分と対話せずに過ごすことはいつまでも、自分を無視していることです。

自分の方にベクトルをむけて、他人ではなく自分を見つめるようになれば、自己否定がなくなり、自己肯定が高くなります。すると、自分の事が大好きになっていくんです。

つまり、自己対話で自分を見つめるようになると、自分のことが大好きになるんです。

すると、現実が変わらなくても自然と幸せだな~という気持ちが内側から湧いてきます。

これが、今すぐ勝手に幸せになる方法です。

この世界は思い込みが世界をつくっているので、

今この瞬間「幸せだな~」と感じていれば、幸せな現実を引き寄せて、結果的に自分の望んだ幸せな背景へと変化しているんです。

まとめ

感情をそのままノートにかいてみる。
俯瞰してみる
本当はどうしたの?と自分に聴いていく。
本当の望みを知る

まずは、自分の感情に気づくことです。

是非、試してみてください♡

人の目が気にならなくなる方法

こんにちは。sayakaです。

今日は「人の目」が気にならなくなる方法について書きたいと思います。





人の目が気になっていたころの私

まずは、人の目気になってしょうがなかったころの私はどういう状態だったかというと、

我慢することが当たり前すぎて、我慢していることさえもきづいていませんでした。

とにかく穏便な人間関係を送りたくて仕方なかったし、何か意見されようものなら凹み、自分が悪いのだと自己否定しまくってました。

すると時々、自分がどこにいるのかわからない時がありました。まるで私の存在がないかのような感覚になるんです。人の目を気にしすぎて完全に他人軸で生きていました

どのようにして変わったのか

そんな私がまずはじめにやったことは、

自分が感じたことをそのまま出すこと。

とにかくどんな事でも否定せずに出しまくりました。それが例え上司だろうと年上だろうと長年の友人だろうと不満に思ったことは、そのまま出しました。

こんなこと思っちゃダメだよねと思ったことでもそのまま躊躇なくだす。

この「出す」というのは相手にぶつけることではなく、自分の中で出すと言うこと。

このやり方として、私はノートをお勧めします。

そのほかにも、誰もいない所でとことん吐き出します。

車の中やお風呂の中、トイレの中などどこでもいいんですが、一人のときにとにかく出します。

吐き出すことは悪く思う自分を許す。文句を言う自分を許すことになるんです。

内側の変化が起こる

すると徐々に自分のうちがに変化が起こりました

周りを気にしなくなったんです

嫌なのにやっていた付き合いが断れるようになったり

愛想笑いをしなくなったり

ママ友の無意味な世間話に時間を費やすことが無くなりました

以前はこれが怖かったんです。

人にどう思われるか、人が離れていかないか。

やってみてわかったこと

あれだけ人が自分から離れていくことが怖かったのに、今では大好きな人ばかりに囲まれて

とても充実した人間関係は育めるようになりました。

自分を隠して保っていた人間関係がいかに無意味だったのか気づきました。

まとめ

  • 人の目が気にならなくなるには、
  • 何を思ってもいいと自分に許可する
  • 実際にノートを使ったりして外に吐き出す
  • 思ったこと感じたことに罪悪感は持たなくていい
  • もし、罪悪感を持った時は、罪悪感を持ったことに罪悪感を持たなくていい

これを繰り返すことで、気づけば人の目は気にならなくなりますよ♡

Introduce Yourself (Example Post)

This is an example post, originally published as part of Blogging University. Enroll in one of our ten programs, and start your blog right.

You’re going to publish a post today. Don’t worry about how your blog looks. Don’t worry if you haven’t given it a name yet, or you’re feeling overwhelmed. Just click the “New Post” button, and tell us why you’re here.

Why do this?

  • Because it gives new readers context. What are you about? Why should they read your blog?
  • Because it will help you focus you own ideas about your blog and what you’d like to do with it.

The post can be short or long, a personal intro to your life or a bloggy mission statement, a manifesto for the future or a simple outline of your the types of things you hope to publish.

To help you get started, here are a few questions:

  • Why are you blogging publicly, rather than keeping a personal journal?
  • What topics do you think you’ll write about?
  • Who would you love to connect with via your blog?
  • If you blog successfully throughout the next year, what would you hope to have accomplished?

You’re not locked into any of this; one of the wonderful things about blogs is how they constantly evolve as we learn, grow, and interact with one another — but it’s good to know where and why you started, and articulating your goals may just give you a few other post ideas.

Can’t think how to get started? Just write the first thing that pops into your head. Anne Lamott, author of a book on writing we love, says that you need to give yourself permission to write a “crappy first draft”. Anne makes a great point — just start writing, and worry about editing it later.

When you’re ready to publish, give your post three to five tags that describe your blog’s focus — writing, photography, fiction, parenting, food, cars, movies, sports, whatever. These tags will help others who care about your topics find you in the Reader. Make sure one of the tags is “zerotohero,” so other new bloggers can find you, too.